作陶歴


 佐賀県にて、大叔父や父の集めた唐津焼の破片に囲まれて、幼児期を過ごす。仕事、子育てが一段落し、PTA活動の一つとして陶芸に出会う(山本恒陶先生)。1998年、北陶陶芸教室に入り、多田昌代先生の指導を受ける。2002年ごろから、自己流で練り込み作品製作開始。2005年、北海道陶芸協会に入る、その年より北海道陶芸協会展に出品開始。2008年、尾形香三夫氏の練り込み陶芸講習会参加(於:江別セラミックアートセンター)。2020年、北光陶芸教室にて中島勇先生の指導下、仲間とともに作陶継続中。


          受賞歴


2005年 第34回北海道陶芸協会展、新人賞「海生」

2006年 第35回同展、奨励賞「華」

2007年 第36回同展

2008年 第37回同展、北海タイムス賞「門」

2009年 第38回同展、札幌市長賞「Blue S・K・Y」、45x45x45cm

2010年 第39回同展、陶芸協会大賞「My Blues」、50x50x50cm

2011年 第40回同展、札幌市長賞「結—支え合いと祈り」

2012年 第41回同展、土泡賞「翼があれば(結Ⅲ)」

2013年 第42回同展、文部大臣奨励賞「(赤核)2=0」、40x40x35cm

2014年 第43回同展、会員優秀賞「敬文と淑子」、50x90x60cm

2015年 第44回同展、文部大臣奨励賞「Blue Peace」、60x60x60cm

2016年 日本陶磁協会奨励賞公募展、入選「海辺」

      第45回北海道陶芸展「時(闘)祷詩集(屍蟲)」、70x60x60cm

      北海道陶芸展第45回記念展に出展(於:芸術の森)「My Blues」50x50x50cm

2017年 第46回北海道陶芸協会展、文部大臣奨励賞「海辺でー踊り、語り合う」、50x100x60cm

      「あそぶ・ひねる・やく~北の陶の新時代」に出展(於:プラニスホール)

2018年 第47回北海道陶芸協会展、「・・かつて人間たりし土」45x30x20cm

      グループ展、(於:円山ギャラリー)

      第1回個展「蒼x層」(於:石の蔵はやしぎゃらりー)

2019年 第48回北海道陶芸協会展、会員優秀賞「磯—藤壺—」30x60x30cm

      第2回個展「海+生」(於:石の蔵はやしぎゃらりー)

2020年 第3回個展「広島、1945,8,6」(ウェブ上開催)


Keiko Fukuyama 2020 © All rights reserved.
Using Format