佐賀県武雄市に生まれる。大伯父が中国・日本の陶磁器を扱う古美術商であったため、唐津や有田の窯跡から掘り出された陶器片や、梅の花状の目跡、融けて塊になった器を見て、幼児期を過ごす。広島市で成長し20歳代半ば札幌市で就職、現在に至る。40代から陶芸教室に入り、多田昌代先生、中島勇先生の指導を受ける。


2006年以降北海道陶芸協会会員。同協会陶芸展に毎年出品。新人賞、北海道陶芸展大賞他受賞。(北海道陶芸協会 http://www.hokkaidotougei.com/ )

2018年初個展「蒼層」(於:石の蔵ぎゃらりい林、札幌市)

2019年第2回個展「“海+生” 海に生まれ、生きる。」(於:石の蔵ぎゃらりい林、札幌市)


   Keiko Fukuyama was born in Takeo, Saga prefecture in Kyushu. As her grand uncle was an antique dealer specializing in Chinese and Japanese ceramics and pottery, she
found around his house many porcelain and pottery fragments and made them
part of my toys. These she later learned were from the archaeological cites of kilns
in Karatsu and Arita, in northern Kyushu. She was fascinated by those melted and
deformed fragments from an early age.
   When she was three, her family moved to Hiroshima where she grew up. She graduated
from the local schools and university. She now lives and works in Sapporo with her
family.
   She took up pottery as an amateur in her 40’s. She became a member of the Hokkaido Pottery Association (Hokkaido Togei Kyoukai (HTK)) in 2006. She has been entering the HTK Pottery Competition every year since 2006, and was honored several awards including a grand champion prize.

(Please refer to HTK home page for several of her works. http://www.hokkaidotougei.com/ )

Individual exhibitions were as follow:

August 2018: “So-So” (Blue Layers) at Ishinokura Gallery Hayashi in Sapporo.

August 2019): “Kai-Sei” (Born in the Sea) at the same Gallery as above.



       福山桂子 作陶歴


佐賀県にて、大叔父や父の集めた唐津焼の破片に囲まれて、幼児期を過ごす。

仕事、子育てが一段落し、PTA活動の一つとして陶芸に出会う(山本恒陶先生)。

1998年 北陶陶芸教室に入り、多田昌代先生の指導を受ける

2005年 北海道陶芸協会に入る、その年より北海道陶芸協会展に出品開始

2018年 北光陶芸教室にて中島勇先生の指導下、仲間とともに作陶継続中



          活動歴


2005年 第34回北海道陶芸協会展、新人賞

2006年 第35回同展、奨励賞「華」

2007年 第36回同展出品

2008年 第37回同展、北海タイムス賞「門」

2009年 第38回同展、札幌市長賞「Blue S・K・Y」

2010年 第39回同展、陶芸協会大賞「My Blues」

2011年 第40回同展、札幌市長賞「結—支え合いと祈り」

2012年 第41回同展、土泡賞「翼があれば(結Ⅲ)」

2013年 第42回同展、文部大臣奨励賞「(赤核)2=0」

2014年 第43回同展、会員優秀賞「敬文と淑子」

2015年 第44回同展、文部大臣奨励賞「Blue Peace」

2016年 日本陶磁協会奨励賞公募展入選「海辺」

      北海道陶芸展第45回記念展「北海道陶芸展の変遷」出品(芸森) 

2017年 第46回北海道陶芸協会展、文部大臣奨励賞

                   「海辺でー踊り、語り合う」、

      あそぶ・ひねる・やく〜北の陶の新時代出品(プラニスホール)

2018年 第47回北海道陶芸協会展、「・・かつて人間たりし土」出品

2018年 グループ展、第1回個展 "蒼 × 層"(石の蔵はやしぎゃらりー)開催

2019年 第2回個展 "海+生"(石の蔵はやしぎゃらりー)開催

Keiko Fukuyama 2019 © All rights reserved.
Using Format